1年ほど前、突然車のドアミラーが動作しなくなりました。

激しい雨の夜、普段通りにアパートの駐車場に車を止め、ドアミラーをたたもうと思ってボタンを押しても無反応。なんじゃこりゃ?と思ってその日は放置。

もともと一時的な故障の多い車だったので、しばらく放置すれば機嫌を直してくれるかと思っていたのですが、一向に機嫌は直りません。仕方がないので、近所の車屋に持っていって見てもらいました。そしたら、そこの車屋ではわからないとのことで、メーカー送りに。メーカーで見てもらったら、ドアミラーの交換が必要とのことで、部品代が16万(片方の価格)!しかも、片方直しただけでは完全に治るかどうかはわからなくて、最大32万+工賃が必要と言われました。

ドアミラーに32万かぁ、と思いながら近所の車屋で相談していたら、「中古パーツを探してみる手もあります」と救いの声。中古パーツを探してもらうことで進めていたのですが・・・・半年たっても中古のドアミラーは出てきません。自分でオークションも探してみたのですが、これが見つからないのです。

で、最近、そろそろドアミラー探しにも諦めがついてきたので、車を買い替えることにしました。

さて、次の車を探し始めたのですが、嫁さんの一言で車種は即決。予算を決めて中古を探していると、よさげな車がありました。中古車屋とメールでやり取りして、現物確認へ。で、こちらも即決。その日に契約書を取り交わして、書類の準備に入りました。

お待たせしました。やっと本題です。

さて、車を購入するときに必要な車庫証明。特に面倒な書類が「所在図および配置図」。自宅の場所と駐車場の配置図を記載する書類です。仕事でもプライベートでも、すっかり手書きの文化が衰退してしまい、書類は基本的にパソコンで作成しています。

ということで、「所在図および配置図」をGIMPで作成してみました。ちなみにパソコンのOSはWin10で、GIMPの基本的な操作ができることを前提としています。

 

事前準備したもの

  • 「所在図および配置図」のPDFファイル
    管轄の警察のサイトからダウンロードしました。
  • Snipping Tool
    Win10に標準インストールされている範囲指定が可能なキャプチャソフト。CortanaにSnipping Toolと入力すると出てきます。
  • GIMP
    フリーの高機能画像作成ソフト。なお、こちらのサイト(http://links-creations.com/design/gimp-arrows/)を参考に矢印ブラシをセットアップしておきましょう。

所在図および配置図を作成する

  1. 所在図および配置図のPDFファイルをGIMPで開く
  2. 新規にレイヤーを作成する
  3. Mapion(http://www.mapion.co.jp/)にアクセスして自宅を検索
  4. 縮尺を100mくらいにする
  5. Snipping Toolを起動し、適当な大きさで自宅周辺の地図をキャプチャ
  6. 手順2で作成した新規レイヤーに自宅周辺の地図をペースト
  7. 自宅周辺の地図のサイズを適当に縮小
  8. レイヤーを固定し、自宅地図レイヤーを作成
  9. 自宅の位置を赤枠で囲って、矢印ブラシで自宅の場所を明示
  10. 新規にレイヤーを作成する
  11. Mapionで駐車場を検索
  12. 縮尺を最大にする
  13. Snipping Toolを起動し、適当な大きさで駐車場の地図をキャプチャ
  14. 手順9で作成した新規レイヤーに駐車場の地図をペースト
  15. レイヤーを固定し、駐車場レイヤーを作成
  16. 駐車位置を赤枠で囲って、場所を明示
  17. 駐車場のサイズをテキストで書き込み
  18. 周辺の道の幅などを矢印ブラシとテキストでコメント

こうやって手順に起こすとややこしそうですが、内容的にはシンプルです。簡単に言うと、所在図および配置図のPDFファイルをGIMPで開いて、Mapionから必要な地図をキャプチャして貼り付けるだけです。あとは、必要なコメントを入力するのですが、コメントの入れ方が分からない方は、ここは手書きでもいいと思います。

地図はGoogleマップを使おうとも思いましたが、色合いが淡かったり、拡大した際に地図上に影が表示されたりして、書類には向かないと思いました。という理由で、Mapionを活用しています。

 

一度電子ファイルで作ってしまえば、使いまわしができるので、車を買い替えるときも簡単です。まぁ、そんな頻繁に買い替えるものでもないですけどね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA